So-net無料ブログ作成

神様のお計らいは奇し [徒然日記]

 新年明けましておめでとうございます。
 平成27年という新たな年をお迎えし、「おかげは和賀心にあり」との教祖様のご信心を生活の中心において、なにが起こり来ても今年を良い年にさせていただこうとの願いを立てています。

 ということで、日記です。

 平成25年の忘年会では、1年を一文字で現したとき私は「死」という文字をみんなに発表して、大ブーイングを受けました(苦笑)。当然と言えば当然です。ただ、その意味するところを中国の思想家、荘子の言うところの「死生一如」に求め、新たな決意としてお話ししたところ、皆さんが納得したということがありました。

 昨年の忘年会では、この一文字発表はなかったのですが、私なりに考えていたものがあります。それは「奇」という文字です。まさに奇をてらうとはこのことで、先生はまたへんな文字を選んでるよ・・・と思われますね(汗) この「奇」という文字は、普段私たちがご神前でお唱えしている「神徳賛詞」の一節「神量(かんはか)らいは奇(くす)しくて人(ひと)の思(おも)いぞ及(およ)ばざる」から拝借しました。

 本年3月に再婚することになったのですが、そのお相手とのご縁が、まさに「神徳賛詞」のこの一節なんです。まぁご縁をいただくとは、みなそういうことでしょう。いろんな事柄が重なり合って、ここに導かれたとしか思えません。タイミングがちょっとでもずれていたなら、私は未だに男やもめでした。

 離婚以来、その痛手を抱えつつ、前に進まねばともがいていたこの4年間、私は苦心しながら?というよりもあちこちと恥をかきながらお相手をさがしていたのですが、どうしてもご縁が無く、あきらめムードが漂っていました。今思えば、我がはからい、人間考えで、動いていたのだと思います。

 どうやってもうまくいかないものですから、これはもうしょうがない、自分のことは後回しにし、ご縁がなくても子供がなくても、将来的にこの教会の後継がスムーズにいきさえすればよい、ご信者さんにもご縁をいただかねばならない方がたくさんおられる、その方々のことを願うことに力を注ごうとの思いにいたりました。この先ずっと独り身でもかまわないとの覚悟を決めつつあったのです。そうしたときに降って湧いたようにこのご縁をいただいたのでした。なんど振り返ってもまさに「奇しくて」との思いになります。

 「天地は語る」教典抄に「自分のことは次にして、人の助かることを先にお願いせよ。そうすると、自分のことは神がよいようにしてくださる。」との教祖様のご理解がありますが、苦しくしんどいなかにそれでも人のことを願えるか?との神様からのお試しをいただいたようにも思えます。

 昨年(平成26年)の新年会で、私がいただいたみ教えくじは慎誡十二条のなかの「わが身の苦難を知りながら人の身の苦難を知らぬこと。」でした。なぜ年頭にこのご理解が私に当たったのか、今ようやく納得できるのでした。

さて、今年の新年会のみ教えくじは何が当たるかな?楽しみです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

fonwaka2

明けましておめでとうございます。
はじめてコメントさせて頂きます。

わたしは教会の後継を願われていたのですが
なかなかお相手の方が見つかりませんでした。お付き合いしたりお見合いしたりしてもなかなか結婚まではたどり着けないまま10年近い月日が過ぎたころ

神様に向かい
教会を後継させて頂くのに、必要であれば結婚させて下さい。必要でなければ結婚もこどももキッパリ諦め、御用に専念させて下さい。と願いを改めたところ、まもなく今の主人とご縁を頂きました。

ちなみに主人は未信奉者です

先生がおっしゃっておられるように
まさに
神縁まことに奇しくて
です

いま思えばわたしは自分の旦那さんが欲しい、子どもが欲しいという下地で神様にお願いしていました。
でも神様が求めておられるのは
人助けの御用を願いの中心にさせていただくことなのですね

あらためてそう思わされました






by fonwaka2 (2015-01-03 18:29) 

金光教網走教会 菊川松次郎

fonwaka2さん
コメントありがとうございます^^
ものすごーく、返事が遅くなり、ごめんなさい><

我がはからいに頼っていたことに気づき、神様の願いに添う生き方となれば、そこからおかげの世界が開かれる。

まさに、そういうことなんでしょうね^^
お互い忘れないようにおかげいただきましょうね^^
by 金光教網走教会 菊川松次郎 (2015-03-24 08:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0