So-net無料ブログ作成

あの時逃げ出していたなら [徒然日記]

 3月は、おかげの中に大変忙しく、御用にお使いいただき、まことに有り難いことでした。そうした忙しさの中に、心から感動することがありました。

 3月1日、若いときからご信心を進めておられた金谷藤枝さん(95歳)がご帰幽になりました。通常、お葬儀の準備
を進める中で、ご遺族から色々と故人のことを聞いて、そのご一生を讃える祭詞を書き上げます。この度もご遺族に色々とお話しを聞こうとしたところ、ご子息夫妻がお参りになって、金庫からこの様なものが出てきましたと一通のお手紙を出されました。それは、私へ宛てた手紙でした。
 裏面には16年前の日付と藤枝さんのお名前が、しっかりと整った字でしたためられていました。その場で中をさっと確認すると、ご自分の一生を振り返ってのことが書かれていて、最後に「私の今日までの事を書きました。菊川先生、よろしくお願ひします。」と結ばれていたんです。
wIMG_0770.jpg
 私はこのお手紙を手に取りながら、心の底から感動しました。私がこの網走教会を後継したのがちょうど20年前、教会長にお取り立て頂いたのが19年前です。ですので、藤枝さんがこのお手紙をしたためられたのは、私が教会長にお取り立ていただき、まだ三年目のことになります。遠く熊本から来た若干30歳の教師、教会長としてちゃんとやっていくのかと値踏みをされていても不思議ではない頃のことです。藤枝さんはご自分の最後の時を思い、葬儀の事を人生最後の祭典を私に託し、手紙をしたため金庫にしまっておられたんです。こんなに有り難くもったいないことはありません。身が震えるほどの感動を覚えました。

 また、3月19日には、信奉者子弟のK君が、金光教で結婚式を挙げてくれました。私としては初めての結婚式祭主。天地の親神様に誓いを述べる新夫婦の姿は大変尊いものでした。披露宴においても祝辞を頼まれ、これも初めてのこと。思えばこの数ヶ月、ずっと緊張していたようなことでした。
 その祝辞のなかで、Kくんがとても辛い時に御取次を願い出て、その事柄を乗り越えてくれたことに少し触れました。すると、聞いていたK君もその時の事を改めて思い出し、涙が出そうになったと言ってくれました。そして何よりも有り難かったのは、後日、二人揃ってのお礼参拝の時に、再度、当時の話となり、「あの時の先生の言葉が、今でも自分の支えとなって、辛い時には思い出して乗り切ってます」と言ってくれたことです。
 それは御結界の持つ働きといいましょうか、神様が私の口を通してK君にみ教え下さったことで、決して私の言葉ということではないのですが、教師としてこんなに嬉しいことはありませんでした。

 さらにもう一つ、それはある日の御取次でのことです。いつもよくお参りになる方で、その日もお参りになって、御結界に進まれ、御取次を願われました。色々とご家族のことから、体調のことなどお届けなさって、私もそれらについて色々とお話しさせていただきました。するとその方が最後に、「やっぱり前にも言いましたけど、先生が先生で良かったとつくづく思います。他の先生であればこの様に話ができたかわかりません」と仰ったんです。
 いやいや、他の先生であれば、もっといい御取次をなさるかもしれませんし、そんなたいそうな私ではないとは思いつつも、ご信者さんからその様に言ってもらえるなんて、本当に教師冥利に尽きることだと思い、これまた大変嬉しくてなりませんでした。今度はご信者さんの口を通して、神様からの励ましの言葉を頂戴したようなことです。

 こうして、3つの有り難いことがあったなかで、心底思わされるのは、7年前の離婚で、この網走を捨てて逃げ出さずに良かったということです。教師としての自信も、男としての自信も、また親としての自信も、すべてを失った気持ちになってしまい、生きることさえも、もう無理だと思うことが幾度となくありました。
 もし、この時に逃げ出して江田教会に帰っていたらと思うとゾッとします。藤枝さんの手紙はどうなっていたでしょう、K君は、先生は自分にあんな風に言っておきながら逃げ出すのか!となり、先生が先生で良かったと言ってくれるご信者さんもなかったでしょう。そして今頃は、江田教会の甥っ子に、厄介おじじ、厄介おじじと言われながらの肩身の狭い暮らしをしていたかもしれません。
 そのことを思う時に、本当に、あの時逃げ出さずに、時には涙を流し、時には歯を食いしばりながらでも、神様への教師としての誓い、金光様からのご任命を信じ、すがりつき離れずに今日を迎えられて本当に良かったと、心から安堵の胸をなで下ろすのでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0