So-net無料ブログ作成

ザルになっとりゃあせんか?(天地語93) [教話]

おはようございます。

北国は早い白銀の世界を迎えています。今は大荒れの日が続いていますが、やがては訪れる晴れた日の輝きが楽しみです。
では、今朝のみ教えです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3本まとめてUP [教話]

紅葉も終わりをつげ、教会では広前の窓にビニールを張り、庭木も雪囲いを完了し、あとは白銀の世界を待つばかりとなりました。


今が一番寂しい時期ですが、真っ白な世界がやってくると、晴れた日などは世界がキラキラと明るくなります。

では、では、朝ご祈念時のみ教えです。
最近のものと、前のものと3本まとめてUPします。

 






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

受け継がれる孝不孝(天地語89) [教話]

未アップ分を公開しました。
ずいぶん前のものですが、ご覧下さい。

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大天地のなかで「ななかまど」11月号 [徒然日記]


 10月25日、おかげの中に生神金光大神大祭をお仕えすることが出来ました。網走のご大祭は、必ずと言ってよいほど天候に恵まれ、小春日和の中での祭典がよくありました。

 IMG_8331_サイズ変更_exposure.JPG


  ところがご大祭の日、オホーツク海側の地域は強い寒気と発達した低気圧とで大荒れとなりました。地域によっては朝から雪が降り積もり、冬タイヤでなければ網走まで来ることが出来ないほどとなったのです。台風かと思われるほどの暴風雪で、25日の晩には吹雪で大変な峠もあったようです。

  この時期に暴風雪となるなんて、網走にきて初めてのことです。古くからのご信者さんも「こんなことは今までになかった」と口々に仰って、漁師さんや農家の方も、今までの天気の経験則がこの頃ではあてにならなくなってきたと戸惑い気味に仰います。一次産業における気候変動は死活問題です。

  シャケの定置網にホタテなど、多大な損害が出たといいますし、農地が流されたり、農作物がなぎ倒されたりと海に山に、この収穫時期に大変なことになってしまいました。当然ながら、ご大祭の参拝にも影響が出て、参拝予定であったかたもその対応に追われて参拝できられなかったのです。

  やはり、温暖化ということが脳裏に重く垂れ込めてきます。太古の昔から繰り返されて来たといいますが、問題はそのスピードだそうです。千年かけてゆっくり変動するものが、人間の手によって百年スパンの速いペースになっているそうです。私たち人間が乱してしまったペースを、神様が必死に整えてくださっているのが、実は、私たちが日頃言ってはばからない「異常気象」というものかも知れません。そう考えると「異常」なのは「気象」ではなく、我々「人間」ということなのかも知れません。畏れ多いことです。神様にお詫び申し上げねばなりません。

  少々話しがずれました。戻します。

IMG_8333_サイズ変更_exposure.jpg 


  あるご信者さんが、「今まではご大祭は良い天気ばかりだったのにどうしたことでしょうね」と言われ、すぐに何かに気付いたかのように、「というかよく考えてみると、今まで毎回良い天気だったのが奇跡ですね」と仰ったんです。

  私は、「あ!なるほど正にその通りだ」と思いました。ついつい大祭時に大変な天気になってしまったことを不足に思い、「どうして」とか「こんな時に」などと思ってしまいます。これはすなわち、畏れ多いことではありますが、神様へ不平不満を言っているようなものでした。

  今日まで、どれほどのおかげを頂いてきたことか、おかげをおかげと気付かずにいたであろう部分も含めれば、そのおかげは天文学的数字になるかと思います。ついつい目の前の不都合や難儀にとらわれてしまい、今日までの、そして今現在もあっている天地の親神様の多大なお恵みお働きへの感謝を忘れて、出来事に囚われ狼狽えてしまっています。なんとも畏れ多いことです。

  何が起こってきても「おかげの中の出来事ですから」と仰った四代金光様のお言葉をいただき、わが心の神様を大きくして、事柄に動ずることなく、今日までのことにしっかりと御礼申し上げ、(今日までのおかげを)知らず知らずのご無礼をおわびし、ここからの立ち行きを丁寧にお願い申し上げねばとのお気付きを頂いたしだいです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。