So-net無料ブログ作成
検索選択

世が乱れる心(天地語113) [教話]

おはようございます。

雪かきに追われる日が続いています。みなさん、どうぞおけがの無いようお祈り申し上げます。


昨日のものですが、動画をUPします。 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

作り笑顔でもいい(天地語112) [教話]

おはようございます。 

昨日から今日にかけ、全国的に大荒れですね。 

ここ網走でも、今朝玄関を開けてみると吹き溜まりが2メートルほどの雪の壁となっていました。 

とても、人力での除雪は無理だなと思っていたら、この吹雪の中を業者さんが来てくれました。 

大変有り難いことでした。 

街中で働き下さる除雪業者さんの無事をお祈りいたします。 

では、今朝のみ教えです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

常識を超える眼差し(天地語110) [教話]

おはようございます^^

近年には珍しくなりました。
寒の厳しい今冬、それもまたありがたいです。

今日は11:00から信徒会総会と新年会!
みなさんが楽しい一刻を過ごされるよう祈りながらこれから準備です。

では、今朝のみ教えです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

賀を述べる心こそ(天地語108) [教話]

おはようございます^^

今日の命を賜り、ありがたく目ざめることができました。


「ガガガーウィーーンガガガーー♪」

今朝のみ教えに、BGMが

まだ夜も明けない暗い内、境内や裏へと続く生活道路を除雪する業者さん。

暗く冷え込みもきつい中に、早くから来てくれます。

お金で雇っているんだから当たり前!
なんてことでは済まされません。

そのお仕事に、そして従事なさる方に感謝ですm(_ _)m 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

受け得受け勝ち(天地語102) [教話]

おはようございます^^

だいぶ寒がきつくなってきましたね。

今朝の気温が-9℃で、海風により体感温度は-15℃とか・・・屋外でお仕事の方は大変です。

体調崩されないよう祈りあげます。


では、今朝のみ教えです。 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神様からの修行(天地語101) [教話]

おはようございます^^

今朝のみ教えです。 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喜び下手?(天地語100) [教話]

おはようございます。

本教では、ただいま信行期間中です。1月31日までの間、日参に取り組まれます。

たくさん教会にお参りして、徳積をさせて頂きましょう!

当教会でも、6:00、10:00、16:00、20:00と勢祈念が仕えられます。都合を付けて良い時間にお参りください。

では、今朝のみ教えです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年にあたり [徒然日記]

 新年明けましておめでとうございます。

IMG_8405w_サイズ変更.jpg

 平成二十八年、網走教会布教九十三年という年をお迎えし、「おかげは和賀心にあり」との教祖様のご信心を生活の中心に、一日一日を改めながら、御用の上に家庭生活の上におかげを蒙ろうとの願いを立てています。

  昨年の忘年会でも、「自分にとっての今年の漢字」発表があり、それぞれに平成二十七年という年がどんな年であったかを振り返ってみました。

  この企画、忘年会を盛り上げようと信者さんが提案してくれたことですが、私はこれがとても良い企画だといつもありがたく感じています。教団ではずいぶん前から、「おかげの自覚」(天地の親神様のお恵みお働きみ慈しみのおかげをもって、日々の命、生活、仕事等、人間の一切の営みが成されるということを心の底から感じるということ)をしようとの願いが掲げられ、それをもとに色々な取り組みが進められてきました。

 一年を振り返ってみると、みなさん良いことも悪いこともあったはずだと思うのですが、教会の忘年会、神様のお広前ということもあってか、ほとんどの方が、こんにちまで受けてきたおかげを一字に込めて発表なさっていました。ですから、聞いているこちらも一つ一つの発表がありがたくてなりません。そう正に「おかげの自覚」ですね。

 ちなみに、私は「改」という字にしました。自身が改まることで、おかげを頂いてきたと思えることが多々あるからです。その改まりのおかげで、妻とのご縁をいただくことができましたし、結婚後の夫婦の間柄においても、前の結婚ではおそらく出来ていなかったであろうことが出来るようになってきました。離婚という痛烈なお気付きのなかで思い当たる私の大きな欠点、その克服に本気で取り組めるようになって来たのです。

 教祖様のご理解に

「信心は改まりが第一である。此方(教祖様)でも間違えば、いつ神様からお暇が出るかも知れない。」

 とあります。私はこの「改まり」を出来ているつもりになっていただけで、実際には出来ておらず、危うく神様からお暇をだされるところではなかったかと、今でも肝が冷える思いです。なんでもそうでしょうけど、出来ているつもり、分かっているつもり、は非常に厄介ですね。

 また、次の様なご理解もあります。

「信心は日々の改まりが第一じゃ。毎日、元日の心で暮らし、日が暮れたら大晦日と思い、夜が明けたら元日と思うて、日々うれしゅう暮らせば、家内に不和はない。」

 これはともすると、毎日をウキウキと浮かれて暮らすというように受け取ってしまいがちですが、そうではありません。

 前述の忘年会のように、大晦日というものは、一年を振り返り、おかげの自覚をし、神様に感謝申し上げ、元日にはその自覚をもとに、今年一年をありがたく過ごせるように願う、そうしたことが年の瀬の過ごし方でしょう。

 それを日々に置き換えなさいということです。晩に休むときには今日一日のおかげを思い返し、御礼申し上げ、朝目が覚めたら、命のお礼を申し上げつつ、今日一日おかげを受けられるように信心をもとに過ごさせてくださいと願うということなんです。そこには日々の暮らしへの謙虚な姿勢が現れています。決しておごること無く謙虚に過ごすことが肝要だと教祖様はお教え下さっているように思います。

 年頭に当たり、その様な謙虚な生き方が出来ていくように、さらなる「日々の改まり」を今年の課題として信心を進めてまいりたいと強く願っているところです。

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感