So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

教師 [徒然日記]

「ななかまど」7月号と8月号、2回に掲載した分です。
以下、本文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年、早稲田教会は布教八十五年をお迎えになります。十年前の記念祭の時だったでしょうか。記念祭の御用で早稲田教会に滞在していたとき、少し時間が空いたので伸びきった髪をさっぱりしたくて、近くの千円でカットしてくれる床屋チェーン店に入ったときのことです。
 カットを担当してくれたのは、私よりちょっと若い感じのお兄さんでした。何故そのような話になったのか覚えていませんが、今の学校の先生は大変だという話になりました。
 
 当時、学級崩壊(主に低学年クラスに多く、先生の言うことを聞かず生徒達が自由に走り回ったりなどして授業にならない状態のこと)やいじめ問題、モンスターペアレンツ問題(学校などに対して自己中心的かつ理不尽な要求をする親のこと)といった事柄が、社会問題として大きく取り上げられていた頃だったと記憶しています。
 そのモンスターペアレンツ問題で、お兄さんが話してくれた事例が、大変驚きでした。
 
 ある親が授業参観に行くために会社を休んで行ったそうです。するとその親は学校側に会社を休んで来たのだから、休んだ分の給料を保証しろという要求を行ったそうです。開いた口がふさがらないとはまさにこのことです。大変驚いたことを覚えています。
 
 さらにそのお兄さんは、独自の見解を述べていました。そもそもそうなった理由についてです。
 今の時代は、親の方が学校の先生より頭が良くなってしまったからだと言うんです。親が頭が良くなったことで、学校の先生は、尊敬の対象ではなくなったということなんですね。
 
 確かに一昔前、今ほどの大学進学率ではなかった時代は、学校の先生と言えば、大学を卒業したとても賢い、教養豊かな聖職者としての側面を備えていて、多くの親達からも尊敬の眼差しを向けられていたように思います。
 
 ここまで書いて、私が何を言いたいのかと申しますと、この問題は何も学校の先生だけの問題ではないということです。
 同じようなことが、金光教教師についても言えるのではないか、一昔前とは違いお道の教師が尊敬の対象ではなくなってきているそんな危機感を覚えるこの頃です。今のところ広前崩壊やモンスター信徒といったような事は聞きませんが、教師の質の低下などは言われ始めて久しいようです。
 
 昭和五十五年に金光教教典が刊行されました。教祖様が人々に説かれた教えや教祖様ご自身の生きられ方などつまびらかになったことはとても尊い事で、当時、本教団においては大変な出来事でございました。これによって誰もが教祖様の御事跡に触れ得、誰もが教えを知り得るようになり、教義的にも大きく展開することになりました。
 
 一方で、国の教育水準の上昇にともなって、教典の発行やその他多くの書物への理解は深まり、信徒の信仰に対する知識レベルも大いに上がってきたわけです。ここにおいて前述した学校の問題と同じように、教師よりも上になった信徒、あるいは信徒よりも下になった教師が増えてきている、という現象が起こっているように思います。
 
 だからと言って、そうした知識の向上が悪いことだと言うのではありません。問題なのは、あくまでも教師が尊敬の対象ではなくなるということです。上下関係において教師も信奉者も対等であるという考え方はかなり古くからあるようですが、今では、もっと進んで教師よりも上だという意識が多くなりつつあることに問題があり、そう思わせてしまっている教師の質に問題があるのだと思います。
 
 教師も信徒も同じ人同士であるから対等であるということはありますが、教師は天地の親神様に直接お仕えする身であるということを、教師も信徒も忘れてはなりません。そういうお役、立場にあるからこそ、尊敬ということがあるわけです。そこを外してしまっては、教師も信徒もおかげを頂くことはないと言われています。
 
 そんなことを考えていたある日、テレビニュース番組の特集で、ヨーロッパのある国の教育事情についての報道が目にとまりました。どこの国だったか、随分前のことで忘れてしまいましたが、ヨーロッパだったということは覚えています。
 
 その国でもその昔、日本と同じような社会問題に悩まされ、採られた施策が大学を卒業しただけではなく、大学院といった様に、さらに教員となるための専門の教育を受けた者のみが教員の資格を得るといったように、教員の質の向上を国を挙げて取り組んだといいます。
 その結果その国では、教師が再び尊敬の対象となり、学級崩壊といった問題は陰を潜め、平均学力も大いに上がり、子供達のなりたい職業ランキング上位に学校の先生が挙げられる程までになったそうです。親からも先生が再び尊敬の対象として見られるようになったということでした。
 
 本教においては今日まで、猫も杓子も教師になれるという制度が長く続いています。時代社会の変遷と共に、制度自体を真剣に考え直す時期にきていると感じるのは一人私だけではないと思うのですが、いかがなものでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四代教会長式年祭に [徒然日記]

しばらく、お休みしている間の古いものから順に掲載致します。ご笑覧ください^^
・・・・・・・・・・・・・・・・
 五月二十一日、おかげを頂き当教会におきましても、御本部金光様と願いを同じくして天地金乃神大祭が仕えられました。大変有り難く存じます。
 併せて高松清正純大人三十五年祭をお仕えし、網走教会長としての三十二年間の御用と今なお霊神様としてお働きくださっていることに感謝の祈りを捧げました。
 江郷先生の教話も大変ありがたく、高松先生のお人柄やご信心の一端をお話し頂きました。
 
 当時、高松先生は、御大祭の執行時間が間近であっても、ご信者さんからのお供えがあれば、せっかく遠くから持って見えたんだからと、その思いを大切になさって、一度お供えしていた野菜を下げ、新たな野菜を加えて盛り付けるなどなさっていました。そういうことで、当時の網走教会は大祭執行時間が二~三十分遅れるのが当たり前だったようです。
 
 今の時代では考えられません。時間通りに始めないと大騒ぎです。昔は今よりも時間がゆっくりと流れていて、人々の心にも余裕があったのではないでしょうか。より豊かな人生をとの願いで開発された機器も、あまりに便利になりすぎた現代では、皮肉なことに人々は返って忙しくなってしまいました。その一番が車と携帯電話の普及のように思います。どこかに出かけていても、常に仕事が追っかけてくるという状態のように思います。
 
 話がずれましたが、そのような高松先生に当時年若い江郷先生が、み教えをもとにご忠告なさっているんです。驚きなのはそのことを素直に受け入れられた高松先生のご姿勢です。それからは時間きっかりに御大祭をお仕えになるようになったということでした。
 
 誰でも自分がよかれと思い、正しいとも思いしていることを忠告されれば、そうそう素直に受け入れることは難しいことのように思います。しかも相手が教師になりたての年の離れた目下の者であればなおのこと。いくらそれが正論であっても聞く耳など持てないように思います。自分が信心でしていること、若造が何を言う、いらぬ世話だとなっても不思議ではないでしょう。
 しかしそうしなかった高松先生、そのどこまでも謙虚で実意なご姿勢、ご信心は、御取次の上にも現されています。
 
 あるご信者さんは商売の上で独り立ちをなさったとき、お手紙と共に幾ばくかのお餞別を高松先生から頂いたそうです。お手紙とお餞別を自宅の神前にお供えし、商売で行き詰まったり、辛い時など、どれほど高松先生の御心に支えられたかわからないということでした。またあるご婦人は、嫁ぐときに高松先生より頂いたお手紙を五十年来今もって、大事にしているとのことでした。高松先生の深い祈りがそのお手紙やお餞別に込められていたことが分かります。
 
 今、改めて高松先生のご功績を思うときに、後をお受けしている私として、先生の神様にも人にも謙虚で実意な信心というものをしっかりと学ばせて頂き、御用の上に現していかねばと強く願うのでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ